VENTLAXのコットレビュー(コヨーテタン)

どうも杉田です。

VENTLAXのコット「2WAY ADJUSTABLE COT」の使用レビューです。

今Amazonで検索するとWAQに並んで上位表示されるので気になっている方も多いのではないでしょうか?

見た目はWAQとほとんど同じだけどVENTLAXの方が1000円安いし、問題ないならこれで良いな~!って人もいるのではないでしょうか?

というわけで、私がこれまで1万円未満の安いコット(Moon lence)を使ってきた経験をもとに、14,800円のVENTLAXのコットのポイントを整理していきます。

結論

私がVENTLAXのコットについて感じたポイントは以下です。

  • 組立がラク(脚が3本だけ & レバー付きなので力が不要)
  • デザインがかっこいい
  • ロー/ハイ 2wayスタイルは便利
  • 寝心地に大きな差はなかった。

要約すると、10,000円未満のコットと比べて寝心地に大きな差があるとは感じませんでしたが、使い勝手デザイン性で差があると感じました。

なので金銭的に余裕のある人はこれを買うことをおすすめします。とはいえそこまでお金をかけたくない人はMoon Lenceでも睡眠の質自体は十分満足できますよ。

Moon lence

ただ、コットって以外と壊れないし、テントとか焚き火台みたいに使い分けをしません。なので安いコットを買うと買い替えのタイミングを逃してしまうので、買う気があるなら最初から買うことを推奨します。(特に力の弱い方は)

収納時

収納サイズは58cm× 16cm × 16cm、総重量3.2kg(※収納袋込み)

最近のコットとしては普通のサイズ・重さだと思います。後述するハイスタイル用の脚が12本入っているので、不要なときはこれを抜くだけで軽くできるでしょう。

色はコヨーテタンです。おしゃれ系の明るい感じというよりは、かっこいいベージュ。茶色っぽい。オリーブと迷いました。

私はサーカスTCを持っているのでベージュ系がなんとなくおしゃれかなと思ってコヨーテタンを選びました。オリーブも渋くて良いんですが。

中身

  • 脚が3つだけ。
  • ハイスタイル用の脚も袋に入って付属している。

組み立て

1.ポールを通す

  • 両サイドどちらからも行けます。
  • 塞いでいる穴を引っ張ると開く。
  • 3箇所の隙間から逃げそうで逃げないのがいい。シュッシュシュット通せる。慣れれば。
  • 突き当りで自然と止まる。

2.脚を装着

  • 脚は、向きに注意。アーチをはめるときに上向きに反るように。
  • 片方をセットしたら、コットを立てる。
  • レバーありの方のレバーを解除してはめる。この時に壊れないか心配になるがしっかり握る。体重をかければ女性でも簡単に組み立てられる。

Moon lenceと比べると・・・

  • 接着箇所が半減(12箇所⇛6箇所)
  • 6箇所固定するだけだと脚が外れやすいんじゃないかと心配していましたが大丈夫でした。心配無要です。

正直Moon lenceは組立に力が必要なので女性だと厳しい場合もありますが、VENTLAXなら女性でも組み立てられます。とにかくコットの組立がラクになるのは間違いないです。

実際の使用感

柔らかいと感じました。普通に寝心地いいです。ちょっとハンモックっぽい。

座ると沈む

寝るぶんには全然問題ないですが、座る場合はもっと張りがある方がいいと感じました。脚の間隔が広いため仕方ないですが、この点はMoon lenceの方が優れていると感じました。

ギシギシ音

寝返り時のギシギシ音は全くありませんでした。とはいえ私のMoon lenceも全然ギシギシ音なかったのでこれは当たり前に感じてしまいます。

以上をまとめると、寝心地は普通に良いけど、Moon lenceと激烈な差があるわけではありませんでした。むしろ座る分にはMoon lenceに軍配が上がります。

ただ、組立がラクなのは明らかだしデザイン性が優れているのも認めます。このあたりが金額の差に反映されているのは納得できます。こういうこだわりがキャンプの満足度に結構影響しますからね。

ハイスタイルもできる

2WAY仕様で様々なスタイルに対応できます。必須ではないですが、使い分けできるのは良いと思います。

ロースタイル

寝るだけならこっちがオススメ。組立がラクなので。

ハイスタイル

脚×12本は組立・片付けが面倒に感じたので、普段はあんまり使わないだろう。

でもたまに座ったりする時に便利。脚に土がついてもテント内へ持っていく時に脚を外せば綺麗なまま使えるので。(脚を袋に入れられるし。)

「INFLATABLE MAT」併用推奨商品

同ブランドのインフレータブルマットをコットと併用すると最高の寝心地です。

でもコットとインフレータマットの準備は正直面倒なのでたまに贅沢するときに使う感じかな。

特徴

  • 3分放置するだけで自動で膨らみます。口で空気を入れなくてOKなので簡単。(口でも入れると空気が入りすぎてプカプカするので入れないほうが良い)
  • 8cmの極厚なので寝心地Good
  • 袋にゆとりがあるので入れやすいし出しやすい。
  • キツキツにたたむ必要なし。適当にくるくるでOK。だから割と片付け簡単。(嵩張るけど)

唯一のデメリットは収納時のサイズです。重いしかさばります。荷物が多い時には邪魔でしょう。でもこれ以外にはメリットしかありませんでした。

以下のYoutube動画で解説しています。動画の方がもっとわかりやすいと思います。