はじめに

 愛知県の穴場キャンプ場「三河オートビレッジ」 インターネットで検索すると名前だけ出てくることが多いですが、現時点では詳しい情報はかなり少ないです。一応下記のサイトで概要は分かります。

 実際に行くまでは謎が多いので不安も少しありましたが、実際に一泊してみて非常に良いキャンプ場だと思いましたのでご紹介します。

サイト

下の段へ下る坂
下の段

 このキャンプ場は大きく2段に分かれていて、上の段には風呂やトイレがあるプレハブと、広場があります。(一応キャンプもできる?)下の段がキャンプ場のサイトになっています。私がキャンプをしたのは下の段ですので、そこについて解説していきます。

  • 標高400m(平地より少し涼しいくらい)
  • 杉の木に囲まれている → 日陰の時間がほとんどで涼しい
  • すぐ近くに川が流れている。音が聞こえる。実際に近くまで降りられる。
  • 5区画
  • 電源付きサイト
  • 車を自由に横付け可能
  • 地面は砂利と草混じり。結構硬い(エリステでも苦戦しました)
  • 近くに水道・簡易トイレあり。(下の段)
後ろに見える建物に水道・簡易トイレあります

 木に囲まれているので風から多少守られている気がします。暑い時期には日陰で助かりますし、寒い時期には電源を活用して暖をとったりすればいいので快適に使える期間が長いと思います。

 各区画にAC電源が設置してありますのでそれを目印に分かれることになりますが、障害物等があるわけではないので、隣の人との距離感をうまくとる必要があります。

各区画に電源あり

施設

プレハブ

 上の段のプレハブにトイレ・洗面所・シャワーがあります。シャワーは1人用の電話ボックスくらいのサイズのものです。入り口が男女に分かれており、中に入るとトイレがあり、奥に個室があります。その個室が脱衣所・洗面所になっており、シャワーを浴びることができます。どうやら新しい建物のようで、非常に綺麗でした。

 個室の中で服を着替えたりできますので、お子さんをまとめて連れていく場合に使いやすいかもしれません。しかし、夜シャワーを浴びられるのは男女各1人ずつになりますので、他のお客さんが多い時には渋滞が起きるかもしれませんので注意が必要です。

右隣に小便器もあります

 下の段にも簡易なトイレ・水道はありますので、トイレのために毎回上まで歩いて上る必要はありません。(距離は大したことありませんが、急な坂なので疲れます)しかし、下の段のトイレは仮設トイレなので女性は上の段の方が良いと感じるかもしれません。

水道

その他

右側に門がある

チェックイン

私が行ったときのチェックイン時間は10:30でした。(その日によって前後するかもしれません)実際に現地に着くと入り口の門が閉まっていました。予約時に到着してから電話をするように言われていたので電話したら管理人さんが門をあけてくれて、そのままサイト・施設を案内してくれます。そして料金を支払ったら管理人さんは帰りました。

  • 薪が1束100円です。非常に安くてびっくりしました。杉なので燃えるのは早いですが、しっかり乾いていて使いやすかったです。
  • 私が行ったときにはシャワールームにシャンプー等も用意されていました。ラッキー。
  • 地面に敷く「木製のざら板(すのこみたいなもの)」も借りられるようです。(私は使っていません)
  • キャンプだけでなく、BBQとかもできるらしいです。

まとめ

 一般的なキャンプ場に比べるとこじんまりとしたローカルなキャンプ場ですが、とても雰囲気が良いし、風呂・トイレが綺麗でいいところでした。

 私が行ったときには他のお客さんがいなかったので自由でしたが、もし満員だったりすると風呂の渋滞、隣のサイトとの距離感などに少し気を遣うかもしれません。なるべく空いている時をねらうか、あるいはグループで貸切ってしまうのがいいのではないかと思います。

 料金については、1区画4000円 +300円/人なので、なるべく人数が多い方が割安になります。ソロキャンプで行くと割高になります。ファミリーにおすすめです。