どういうテント?

このテントは・・・・

 ソロorデュオで使用するには良いテントです。収納時に「大きめ&重め」というデメリット以外に致命的な弱点はありません。

超ざっくりスペック

  • Coleman製
  • 2~3人用(実際は1人だと広々、2人でも寝るだけならぎりぎりOKという感じ)
  • ドーム型テント(前室付き)
  • これはAmazon限定カラー(オリーブ)
  • 価格:19000円前後を変動(他の色の方が数千円安いことが多い)
  • 設営はまあまあ簡単

設営の手間

 これは動画で見てもらった方が分かりやすいです。

特記事項

①ポールがやや太くて重い

 これもそこそこ細いポールなんですが、他の軽量テントに比べると少し太いです。このポールが3本ありますので収納時の大きさ・重さに結構影響します。だから軽量さを求める方にはそんなにおすすめしません。最近だとnaturehikeなどのテントのコンパクトさがすごいので・・。

左:Coleman  右:Featherstone

左:Coleman  右:Featherstone

②幅はぎりぎり

 高さのあるコットを使う場合は幅がぎりぎりになるので注意してください。というのも、このテントは上に行くにつれて壁が傾斜しており、上に行くにつれて幅が狭くなります。地面の高さでは「幅210㎝」ありますが、高さ約20㎝のコットを使用する場合には「幅190㎝」くらいになります。

③やはり前室は良い!

 前室がついているぶん設営の手間は若干増えますし、収納時のサイズも大きくなってしまうんですが、やはり前室はあった方が便利な場面は多いです。夏以外のソロキャンプではわざわざタープを張らないことも多いので、そんな時に荷物の逃げ場があるのは非常に助かります。

④オリーブカラーはやっぱり良い!

 購入時に他の色より若干高いAmazon限定オリーブカラーですが、たぶん満足している人が多いと思います。他の色が結構ポップな感じなのに対して渋い色味が男性の好みに合うでしょう。ただそれだけでなく、インナーテントの色が実は違います。他のテントのインナーだと色が白の場合もありますが、これは暗めのカーキ。おかげで朝でもテントの中が暗めなので、明るくてたたき起こされるということはありません。

⑤基本は寝るだけ

 小さいテントなので当たり前ですが、中はそんなに広くないですし、天井が低いので立てません。ですから基本的には夜寝るだけ、という使い方になります。

 涼しい時期なら昼間は前室あたりに座って過ごすのもありかもしれません。ただ、暑い時期は日中はとても熱がこもって暑いのでテントに近づけなくなります。どうしてもポリエステルなのでサウナになります。でもちゃんとベンチレーションがありますので夜は涼しいですよ。

⑥グラウンドシートのサイズ

 よく聞かれるのがグラウンドシートのサイズですが、私は2.5m×2.2mを使用しています。このサイズならちょうど前室部分までカバーできてちょうど良いです。(少し折りますが)

興味があったら買ってみてね!
 ■Coleman ツーリングドームLX (Amazon)