YouTube動画を二次利用したい企業様へ

企業様からよく聞かれること

私のメインチャンネル(=杉田アウトドアch)では企業様から依頼を受けて商品レビュー動画を制作することが多いのですが、その際によくお問い合わせいただくのが、

「Youtube用の動画データを提供してほしい」

「Youtube動画(あるいは画像)をWEBサイトで二次利用したい」

という依頼です。

もちろん掲載していただくのはOKです。また、有料で承っている場合は動画のオリジナルデータも提供しています。

実際に私の動画がamazonの動画広告になったり、企業様のコーポレートサイトに掲載されることは増えています。ただ、現状はYoutubeの素材をそのまま流用したり、強引に編集したりすることのほうが多いです。

これがちょっと「もったいない」と感じています。

視聴者に最適な動画にしよう

動画はとにかく視聴者ファーストで作ります。

  • 視聴者の年齢・性別・性格などの特性、
  • 動画を見るデバイス(PC/タブレット/スマホ)
  • 視聴者の状態(暇なのか、急いでいるのか、立っているのか、座っているのか・・・)

などなど、想定する視聴者によって、動画の作り方は変わります。

なので動画を見てもらうプラットフォームが事前に分かるのであれば、できる限りプラットフォームに適した形で動画を作ったほうが良いです。

したがって、私のYoutube用の動画をそのまま別のプラットフォームに流用するのはあまりオススメではありません。

せっかく動画を作るのであれば、あらかじめプラットフォームから逆算して動画を作ったほうが良いです。例えばショートムービーを作るなら、短尺でも伝わりやすいように撮影したりできます。

Youtubeとセットでご依頼頂くと割安な理由

私にYoutube用の動画以外の動画もまとめて依頼して頂くとコスパが良いです。例えば下記の動画ですね。

  • コーポレートサイト用の商品紹介動画
  • 動画広告
  • SNS用動画

理由

  • YouTube用の動画撮影のついでに撮影できるので、撮影の準備・片付けの手間が半分で済む
  • YouTube用に商品を実際に使って勉強しているので既に商品の特徴を理解している。よって新たな学習コストが不要。
  • カメラマン、ディレクター、演者、エディターが私1人で済むため効率がいい。

想像してみてください。新規で動画を作ろうとしたら、いろんな人を雇って、場所を押さえて、カメラマン、演者、ディレクターを用意しなければいけません。

でもそれらの作業全部をまとめて私に依頼するだけで済みます。

具体例

EcoFlow ポータブル電源紹介(ショートムービー制作)

通常のYouTubeタイアップに加えて、WEB用のショートムービーを制作した事例です。

もともとは左のYoutube用動画のご依頼を頂きましたが、私からの提案で右のショートムービーも制作させて頂きました。

Youtube用動画
ショートムービー


ショートムービー用に白背景でリッチに撮影をしたので、Youtube用の動画にその素材を流用できました。なのでYoutube動画のクオリティアップにもつながりました。

最近はYoutubeの動画をamazon広告に流用しているケースが増えてきましたが、品質にばらつきがあります。まだまだスタンダードが確立されていないですね。いろんな動画が入り混じっているという印象。
そんなときだからこそ、ちゃんと動画を作ればそれだけで差が付きます。

というわけで、Youtube動画を依頼していただくなら、ついでにプロモーション動画も私にご依頼頂くとお得です。という内容でした。