動画は自分でつくれる

 仕事、趣味、友達の結婚式の余興など、動画を作らなければならない、あるいは作った方が良い場面というのはあります。その時に、自力で作るべきか、あるいは誰かに委託するべきなのか悩む方もいるかもしれません。

 幸い現在ではスマートフォンの性能の向上により、スマートフォンだけで動画を撮影し、編集まで完結することも可能です。アプリなら直感的に、簡単に操作ができますので初めてでも十分扱えると思います。

クオリティによってはハードルが高い

本格的な編集ならPC

 現状スマートフォンでは簡易な編集しか行うことはできません。スマートフォンでの操作は指でのタップが基本になりますので、基本的にはカット、テロップ、色調補正等を「少量」操作するのが限界だと思います。「尺の長い動画にたくさんテロップを入れたり、細かくカットを加えたり、複雑なアニメーション、たくさんの効果音の挿入」など、そのような本格的な編集作業は困難です。できなくはないかもしれませんが、非常に効率が悪いです。PCで大きい画面を見ながらキーボードを操作する方が圧倒的に効率が良いです。

カメラにはまだ勝てない

 スマートフォンの画質・音質はかなり性能が上がっていますが、一眼レフカメラや、アクションカメラなどのような性能には及びません。(数万円の安いカメラの場合はスマートフォンと変わらなくなってきていますが・・。)また、カメラだけでなくマイク、ジンバルなどの撮影機材を組み合わせると、より高品質な映像を撮ることができます。よって、映像の品質を高めたい場合などには、まだまだカメラで撮影する必要があります。

機材にお金がかかる

 上記で述べたように、本格的な動画づくりをしようと思ったらPCとカメラが必要になります。kの場合の金額をイメージしてみましょう。

カメラ・・10万円~20万円

 カメラはピンキリですが、例えば「ミラーレス一眼カメラのレンズ込み」とすると、安くて10万円くらいかかります。フルサイズのカメラだと平気で20万円、30万円かかります。

PC ・・15万円~

 PCは通常の作業で使うようなスペックのものだと動画編集には耐えられません。作業中にフリーズしたり、落ちてしまったりします。ある程度のCPU、メモリ(16GB~)、GPUなど、求めらるスペックが高く、高価なPCが必要になります。目安としては、「デスクトップPCで」15万円~、「ノートPC」で20万円~くらいのPCが必要です。

 また、有料の動画編集ソフトを使う場合は1万円~5万円くらいかかりますが、現在はダヴィンチ・リゾルブというソフトの無料版が優秀なので、これで十分だと思います。(初心者にはとっつきにくいので、簡単に操作したい場合は有料のFilmora9もおすすめです)

委託した方が安くて簡単な場合も・・

 これまでに述べたように、本格的に動画編集をする場合には機材にお金がかかりますが、それ以外に時間もかかります。

  • 慣れない機材を調べて購入する手間
  • 慣れないカメラを使いこなす手間
  • 慣れない編集ソフトを使いこなす手間

これらのハードルを越えてようやく編集作業ができるようになるわけですから、慣れるまでは非常に時間がかかります。特に編集ソフトはただ使えるようになったとしても、その後も編集作業には時間がかかります。日常的に使用していればキーボードのショートカットキーを覚えて使いこなすようになりますが、たまに使う程度ではそこまでできません。

 したがって、日常的に継続して動画制作を続けるのであれば、機材を一式そろえて操作を覚えるのも良いですが、本格的な映像を一時的に作るだけであれば、だれかに委託する方が簡単ですし安く済みます。

→そんな時にはぜひ「Sugita Films」へお問い合わせください!